野宮真貴リサイタルVol.1 JOY
Recital Vol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

野宮真貴リサイタルVol.1 JOY

Data

期日=2007年3月17日(土)〜20日(火)
場所=スパイラルホール

主演=野宮真貴
構成・演出・美術=林巻子(ロマンチカ)
音楽監督=リチャード・キャメロン

客演=菊地成孔
振付=横町慶子(ロマンチカ)

ナレーション=フランソワーズ・モレシャン
三味線奏者=柳家小春
アンサンブル=菅原拓 / 山形涼士 / 菅教道 / 石川実典

舞台監督=海老沢栄
演出部=石戸谷郁生 / 鈴木拓

照明=岡野昌代(Picoler)
照明操作=宮坂美樹(Picoler) / 菊池ユミ

音響=今村太志(sound craft LIVE DESIGN Co.)
音響操作=武田安記 / 阿部頼子(sound craft LIVE DESIGN Co.)

映像=ニシモトタロウ / 田苗見知理

衣装=masse mensch JOY・高橋正明 / 内山奈津子

フィッター=MARCO / 井上和樹
スタイリスト(野宮真貴)=兼田サカエ(juice)

ヘア & メイク=冨沢ノボル(cube)
ヘア & メイク アシスタント=マリ

ヘア & メイク(菊地成孔)=池田永一

演出助手=小木麻代

ステージ協力=神山文(ロマンチカ) / 馬谷里絵

舞台用写真=阿部高之
宣伝写真=小泉修
スチール写真=太田泰輔

宣伝美術=大島依堤亜
編集=辛島いづみ(川勝プロダクション)

通訳=田中真紀子 / 山田規古

プロデューサー=湯山玲子 / 川勝正幸
プロデューサー・アシスタント=望月章宏(HOU) / 村松亮(HOU)
アーティスト・マネージメント=小野塚倫子(RSO)
エギゼクティヴ・プロデューサー=高橋信彦(RSO)

主催=J-WAVE
製作=ロードアンドスカイ・オーガニゼイション
協力=HOT STUFF PROMOTION

特別協賛=株式会社ピーチ・ジョン

協賛=Kashikey / サントリー株式会社

協力=masse mensch international / Giuseppe Zanotti Design/VICINI / McQ‐ALEXANDERMcQUEEN‐ / hhstyle.com / ROMANTICA / ball inc. / Nest / ODASHO / SWAROVSKI

Date: 2007/03/17-20
Place: Spiral Hall

Appearance: Maiki Nomiya

Composition, Direction, Art: Makiko Hayashi (ROMANTICA)
Music: Richard Cameron
Guest: Naruyoshi Kikuchi
Motion: Keiko Yokomachi (ROMANTICA)